弁護士紹介

弁護士
安倍 久美子   Kumiko Abe

福岡市出身。室見川のそばで育ちました。大学・受験時代は京都の暮らし・文化を満喫し、合格してからはまた室見川のそばに戻りました。 修習時代にたまたま当事務所に配属され、当事務所の先生方の仕事ぶりに感銘を受け、そのまま事務所に居着いて現在にいたります。 2000年4月弁護士登録、民事事件、家事事件、刑事事件などをやっています。 大きな事件としては、薬害肝炎訴訟、予防接種B型肝炎訴訟の九州弁護団に所属しています。 現在は、九州・山口医療問題研究会の福岡県弁護団の事務局長を務めているほか、交通事故紛争処理センターで嘱託として多くの事件の示談あっせんを担当しています。

常に依頼者の方々のお話に耳を傾けて最大限の成果をあげるべく努力しているつもりですが、医療過誤事件は、処理に時間がかかるため、ご迷惑をおかけしているかもしれません。人身被害を受けた方のご依頼を受けることが多いので、元どおりの生活を取り戻すことはできない 場合が多いと思いますが、せめて区切りをつけて、前向きに歩んでいけるようにお手伝いができればと考えて日々仕事をしています。 趣味は…週末に夫といろいろ料理を作って家飲みをすることでしょうか。あとは(あまり乗れていませんが)ロードバイクで糸島あたりを巡ることです。